WORK STYLE|働

図解で学ぶ、イラストの「権利」のはなし

こんにちは、図解屋の行武亜沙美(OTASM9)です。

個人でブログやSNSのアカウントを持っていると、自分らしいアイコンやヘッダーにしたくなりますよね。

そんなときの強い味方がネット上で活躍している個人のイラストレーターです。

ところが、最近は気軽にイラスレーターと出会えて便利になった反面、

イラストの取り扱いについてちらほらトラブルも耳にするようになりました。

そこで、今日はちょっとわかりづらいイラストの「権利」について、図解でご紹介しようと思います。

ざっくりと捉えてもらうために省略している部分もありますが、みなさんが気持ちよく取引するためのお手伝いができたらうれしいです。

 

 

図解で学ぶ、「権利」のはなし のまとめ

基本的に依頼者のイラストの知識は0に等しいですし、突然「権利」と言われると、尻込みしてしまう人も多いと思います。

でも、トラブルの大半はコミュニケーション不足。

お互いが「理解してくれているだろう」とすすめた結果、楽しみに待っていたイラストが苦い思い出に変わってしまう場合もあるんです。

気軽にオリジナルのイラストが手に入るのも、自分の特技で仕事ができるのもすばらしいこと。

眺めるたびに「よかったな」と思えるイラストができあがるように、しっかりコミュニケーションをとりたいですね。