FAVORITE FOOD|飯

【いすみ市グルメ】’ono ICE CREAMのソフトクリームでチルアウトしよう。

onoicecream

こんにちは、FACTORY管理人の行武です。

私が住んでいるいすみ市は田舎で外食先に困る…と思いきや、おいしいお店がたくさん。
豊富な食材に恵まれている土地なので、美食の街として打ち出す計画が行われているくらいです。

これは食べるのが大好きな夫婦としては見逃せない!ということで、おやすみの日にドライブがてら巡ったお店を記録します。

今日は2019年6月オープンほやほやの、’ono ICE CREAM(オーノアイスクリーム)をご紹介します!

’ono ICE CREAMへのアクセス

最寄りは太東駅、車で7〜8分です。
太東海水浴場からは350m。日差しと海を堪能して、ちょっと眠くなってくる夕方の寄り道にぴったり。

今日は主人が波の様子をチェックしに行くそうで、それに便乗して海水浴場までやってきました。
海水浴場から国道128号線に向かっていくと右側にシンプルな佇まいのお店が見えてきます。

ono icecream 外観

’ono ICE CREAMの店内レポート

ono icecream

店内にはレジカウンターと、大きめのテーブルが1つ。
テーブルの上にはBean to Barのチョコレートや、チャイ、無添加エナジーバーなど、身体がよろこびそうなアイテムがたくさん。

Bean to Bar(ビーントゥバー):
カカオ豆からチョコレートバーになるまで一貫して製造を行うことを言います。2000年代後半からアメリカでBean to Barがクラフトチョコレートのムーブメントとして興りました。

Bean to Barとは? | Dandelion Chocolate 公式サイト

onoicecream

’ono ICE CREAMさんではソフトクリームを中心にオーナーさんがセレクトした「クラフトフード」を販売しています。
作り手の顔が見える、安心して口にできる食品はこれから少しずつラインナップを増やす予定だそう。たのしみ!

クラフトビールやヴァンナチュール、そしてクラフトフード。
安心で、おいしくて、健康に良い食べ物にスポットが当たる時代になってきていますね。
(おいしいお酒の話はまた今度…)

話がそれてしまいましたが、そうそう、今日はソフトクリームを食べに来たんでした。

’ono ICE CREAMのメニュー

onoicecream

ICE CREAM

ミルクソフト 400円
カカオ香るチョコソース ソフト 500円
コーヒー・フロート 450円
チャイ・フロート 450円
森のベリーソース・ソフト 450円

ドリンク

アイスコーヒー 350円
アイスカフェオレ 400円
コールドチャイ 400円
八街ジンジャーエール 350円

’ono ICE CREAMのソフトクリーム実食

onoicecream

店頭で販売していたチョコレートを使っている、と店員さんから聞いて「カカオ香るチョコソース ソフト」を注文しました。
ああ、愛しのワッフルコーン!

ひえひえのソフトクリームにかかったチョコソースがパリッパリ。
メロンソーダに乗ってるアイスのお尻の部分を食べているみたいな特別感…これは大人のパフェですね。

onoicecream

店内に飲食スペースはないので、店外でいただきましょう。
テーブルや椅子も用意してありますよ。

この日は16時ごろにお邪魔したのですが、少し日が傾いてきた中ソフトクリームを食べる時間はとってもチル。
遠くに波の音を聴きながら、暑くなった車に乗り込んで帰宅したのでした。

’ono ICE CREAMさん、夏のうちは平日もオープンしているようですが、基本の営業日は土日祝日。
毎月のスケジュールは公式instagramで投稿されているのでチェックしてみてくださいね。

店舗情報
店舗名 :’ono ICE CREAM(オーノアイスクリーム)
所在地 :〒299-4502 千葉県いすみ市岬町中原129−6
電話番号:不明
営業時間:土日祝の10:00〜17:00
定休日 :https://www.instagram.com/onoicecream/ にて月ごとにお知らせ
夏の間は平日も空いているようでした!(2019年8月現在)